色々な楽しみ方があるピアノレッスン|幅広い年齢層が通っている教室

必要な職業である

メンズ

気配りも大切となる

生まれつきであったり、脳機能の障害があるといった理由から話すことや聞くことがうまくできないという人に対して言語能力や聴力を回復できるようにリハビリを行う仕事を言語聴覚士と言います。食べるものをうまく飲み込むことができない嚥下障害を持つ人に口を開けたり、飲み込んだりする練習などを行います。言語聴覚士がリハビリなどを行う対象となる症状は、発達障害、失語症、認知症、難聴などの疾患、心理的な要因がある場合などです。この仕事はコミュニケーションをとりながら患者さんの不安をやわらげることも大切となります。そのため、患者さんの立場にたって物事を考える能力も必要となります。言語聴覚士になるには、まず学校に通って知識を学ぶ必要があります。養成課程がある大学や短大、専門の学校などに通うと受験資格が得られます。そこで国家試験を受けて合格すれば言語聴覚士の国家資格が取得できます。

対象となる人は多い

言語聴覚士は国家資格を取得しなければその仕事に就くことはできません。国家試験の受験資格は。一般の大学を卒業してから言語聴覚士養成の学校で2年間知識の習得を行うことでも得ることができます。国家試験の合格率はここ数年は60%前後を推移しているようです。しかし、40%程度のこともあったので、試験の難易度としてはどちらかといえば高いと言わざるを得ないようです。そのため、受験資格を得るための勉強は養成の学校で高度な専門性を養う必要もあります。現在、乳幼児から高齢者までリハビリを必要としている人たちがいます。高齢化が進む中、高い知識と技術を持った言語聴覚士の需要はこれからますます高まっていくと考えられています。